クリニックブログ

2018.06.30更新

こんばんは!歯科衛生士の榎本ですmoon

 

最近ほんとに暑いですね・・・。梅雨に入りました!!とこの間言ったばかりなのにもう梅雨明け・・・。

 

今年の夏は暑くなりそうですねburnburnburn

 

お祭りに花火大会に海に行きたいところがたくさんあるので困りますねnote2star

 

それはさておき、本題に入ります!

 

前回歯科ドッグについて説明したのですがもう少し詳しくお話したいなと思います!

 

7つの検査項目を書きましたが、言葉がよくわかりませんよね!簡単に説明すると、

 

「ムシ歯菌の数」というのはミュータンスレンサ球菌という菌の数を測定します。多ければ多いほどムシ歯になりやすくなります。

 

「お口の中の酸性度」は、ミュータンスレンサ球菌が砂糖を摂取して酸を作り出します。作り出した酸によってお口の中がどれぐらい酸性に傾いてるかを見ます。酸性に傾くと歯の無機質が溶けはじめてしまいます。

 

「唾液緩衝能」は、ミュータンスレンサ球菌などが作った酸によって、酸性に傾いたお口の中を酸が作られる前の状態に戻す唾液の力です。

この力が弱いとお口の中が酸性に傾く時間が多くなってしまいます。

 

・・・と、少し難しい言葉になってしまい申し訳ないです。長くなってしまいそうなので今日はこの辺で締めたいと思います!いきなり終わってすみませんen

 

次のブログで続きを書いていこうと思います!ihi

 

それではー!hand

 

 

投稿者: 赤井歯科医院

クリニックブログ 日本訪問歯科協会
当院が紹介されました!