訪問歯科

Visit dental

訪問歯科とは

制度が整っていないころに始め、1000人以上を治療してきました

訪問歯科とは、体が不自由などの理由で自ら歯科医院に通うことが難しい人に向けて、ご自宅や施設を訪問して歯科治療を行うことを言います。当院は約15年前、日本でまだ訪問歯科の制度が整っていないころから訪問歯科を行っており、今までに1000人以上の人を治療してきました。

訪問歯科を始めたきっかけ

学生のころに行った施設で「お年寄りの口をきれいにしたい」

院長が訪問歯科に興味を持ったのは学生のころです。実習でご高齢の方が集う施設を訪問した際、多くの方から歯に関するご質問を受けました。口の中が荒れている人もたくさんいて、「きれいにしてあげたいな」「歯医者になったら施設などを訪問して治療をしてあげたいな」と思いました。そして15年前、赤井歯科医院の院長として待望の訪問歯科診療をスタートさせることができました。

当院が訪問歯科を行うのは、小さなお子さんからお年寄りまで、患者さんの一生を診ていきたいというコンセプトの一環なのです。訪問診療では患者さんご本人をはじめ、ご家族や施設のスタッフから喜ばれることも多く、歯科医師として大きなやりがいを感じています。

当院における訪問歯科

現在は、診療日の休診時間帯に歯科衛生士とともに患者さんのご自宅や3つの特別養護老人ホームを訪問しています。通院の途中で体が不自由になってしまった方も診療しています。

訪問歯科でできること

外来とほぼ同じ内容の治療を受けることができます

訪問歯科では、車に治療器具を乗せて訪問先まで持っていくため、外来とほぼ同じ診療を行うことができます。むし歯や歯周病の治療から入れ歯の作成と装着に至るまで、患者さんが来院せずに治療を受けることができます。

飲み込みに関するアドバイスもいたします

嚥下(えんげ)(飲み込み)を改善するためのアドバイスを行っていることも当院における訪問歯科の特徴です。お年寄りの方の中には、食べ物をスムーズに飲み込むことができなくなっている人もいるため、食べ物のアドバイスや首回りのマッサージ等を行って改善を図ります。

食べ物については、とろみをつけて飲み込みやすくすることなどをお伝えしています。また、食べられる方には筋肉をつくるたんぱく質を多く含んだ肉を食べることを勧めています。筋肉がつくことで、床ずれの症状が和らいだ方も中にはいらっしゃいます。

訪問歯科の流れ

1ご相談・ご予約

まずはお電話でご相談ください

訪問歯科を希望する方、またはそのご家族の方はまずは当院にお電話でご相談ください(TEL:048-285-2091)。当院から近ければ記載が必要な書類を持って行ったり、またご家族の都合の良い日に来院していただいたりして、初回の訪問日を決めていきます。当院からケアマネージャーに連絡を取り、訪問歯科に関する打ち合わせを行います。

訪問できる範囲

川口市全域が訪問エリアです
訪問歯科は法律でクリニックから半径16㎞以内と定められています。当院では川口市内全域に相当します。

2初回の訪問

周囲の方にもヒアリングして、治療プランを検討します

患者さんのご自宅または入居施設を訪問し、口の中を見させていただきます。ご家族や施設の職員にも生活習慣などをお聞きし、治療内容を検討していきます。

患者さんの中には、歯が抜けたまま放置している方が多くいらっしゃいます。ご年配で体が不自由だと、周囲ではどうしても全身疾患のことに気が向いて、口のケアがおろそかになってしまいがちです。

入れ歯を入れることで食べられるようになる方も多くいらっしゃいます。私たち歯科のプロにお任せいただき、口内環境を改善していきましょう。

3定期訪問

必要な治療を終えた後は定期検診で口を管理していきます

初回の訪問時に立てた治療計画に則って、定期的に訪問します。優先順位の高い治療から行い、一通りの治療が終わった後は定期検診として患者さんの口を管理していきます。

訪問歯科は施設側にもメリットがあります

訪問して診療を行っている際は患者さんやご家族以外に、患者さんが入所する施設のスタッフの方にもアドバイスをしています。場合によっては講習会を開き、集中的に口腔ケアについてお伝えすることもあります。

食後には入れ歯を外して洗い、預かっておくなどといったことをお伝えすることで、誤嚥性肺炎を防止する可能性が高まります。

クリニックブログ 日本訪問歯科協会