一般歯科

General Dentistry

むし歯の治療について

麻酔を工夫して、痛みが少ない治療を心がけています

当院では、なるべく痛みの少ないむし歯の治療を心がけています。むし歯の治療において痛みが出やすいのが麻酔の注射を打つときですが、当院では注射をする前に、歯ぐきの感覚を麻痺させて注射時の痛みを軽減させる表面麻酔を行っています。 注射をするときには、痛みが少ないように細い針を使い、慎重にゆっくりと麻酔薬を注入していきます。麻酔時の痛みは注入スピードにムラがあるときに起こりやすいので、一定の速度を心がけることが大切です。

むし歯が神経に達してしまったときは…

神経を取り除く根管治療を行う必要があります

むし歯が進行して神経に達してしまったときは、細菌に感染している神経を取り除いて歯の中を清掃、消毒して薬剤を詰める根管治療を行う必要があります。当院ではこの根管治療も行っています。

歯周病の治療について

歯周病とは

歯を失う原因トップの怖い病気です

歯周病とは、ブラッシングが不十分などの理由から歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢(プラーク)がたまっていき、歯ぐきに炎症を引き起こす病気です。進行していくと歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が徐々に溶けていき、最悪の場合は歯が抜けてしまいます。

歯周病は日本人が歯を失う原因の第一位であり、自覚症状がないまま進んでしまうとても怖い病気なのです。

歯周病の治療について

セルフケアと歯科医院での専門的な治療を並行することが重要です

歯周病の治療は患者さんのセルフケアと歯科医院での専門的な治療を並行して行うことが重要です。十分なブラッシングで食べかすや歯垢を取り除き、ブラッシングでは取り除けなかった歯垢や歯石を歯科医院で除去していきます。

歯垢が石のように硬くなった状態を歯石と言いますが、この歯石は通常のブラッシングでは取り除けません。「スケーリング」や「ルートプレーニング」といった専用の機器を使う治療を行うことで初めて除去することができるので、歯科医院で治療を受けることが必要なのです。

口腔外科治療について

親知らずの抜歯

親知らずは抜かない方が良い場合もあります

当院では口腔外科治療として、親知らずの抜歯も行っています。親知らずについてはすべてを抜かなくてはならないわけではありません。手前の歯がむし歯などで将来的に抜かなければならない可能性がある場合は親知らずを残しておいて、ブリッジをする際の土台として利用します。 抜くか、抜かないかについてはこのように、患者さんの現在の口の状態のほか、周囲の歯の将来なども踏まえて検討していきます。

妊娠時は薬が飲めないため、早めに抜くことを勧めています

また、妊娠時には早めに抜いておいた方が良い場合が多い傾向にあります。親知らずのために歯ぐきが腫れてしまうと炎症を抑える薬を飲む必要がありますが、お腹に子どもがいると飲めなくなるためです。炎症が進むと骨が溶けていく可能性もあるので、早めに抜くという対応を取る場合があります。

親知らずの抜歯について、神経の近くに歯が生えているなどの難しい症例の場合は、より口腔外科の治療を得意とする大学病院などをご紹介しています。

顎関節症について

薬やマッサージ、マウスピースなどで改善を図ります

当院では、あごの関節に何らかの異常がある顎(がく)関節症についても対応しています。
顔周りの筋肉の炎症を和らげる薬、筋肉のマッサージ、マウスピースの作製・装着などにより改善を図ります。「頬杖をつかない」「横向きに寝ない」などの生活習慣のアドバイスもいたします。

「口が開きづらい」「あごがカクカクする」といったお悩みのある方は一度ご相談ください。

クリニックブログ 日本訪問歯科協会