小児歯科

Pediatric Dentistry

当院における小児歯科

歯科医院に慣れることから始めてもらいます

当院は、「お子さんが楽しく来られる歯科医院」をめざしています。歯科医院に怖いイメージを持っているお子さんにはいきなり治療は行わず、まずは歯医者に慣れることから始めてもらいます。治療器具を触ってもらったり、歯磨きだけを行ってもらったりして、「歯医者は怖くないところ」と思ってもらえるように努めています。

治療後には、治療を受けることを頑張ったご褒美におもちゃをプレゼントしています。「おもちゃがもらうのが楽しみ」と言って通ってくれるお子さんもたくさんいらっしゃいます。

ご両親へのメッセージ

当院における小児歯科の診療方針

お子さんとの対話が大切なので、ご両親は待合室でお待ちください

当院では、お子さんとの対話を重視しています。意思疎通ができる年齢のお子さんとは対話を通して人間関係を築き、歯科医師を信頼してもらうことが大切です。

ですので、お子さんの治療中、ご両親は待合室でお待ちいただきますよう、お願いします。お子さんのことが心配だとは思いますが、どうぞ院長にお任せください。「子どもが泣いてしまって他院だと受診が難しかったのに…」とスムーズに治療できたことを驚かれる親御さんもいらっしゃいます。

初診時には、ご両親にお子さんの口の状態や生活習慣などをお尋ねします。

ブラッシングに関するアドバイス

小学3年まではお子さんの口の中をチェックするようにしましょう

自分で上手にブラッシングができないお子さんもいらっしゃるので、小学3年生くらいまではお子さんの口の中を定期的に診るようにしましょう。

まずはお子さんにブラッシングの方法を伝えて実践させてみて、難しそうであれば仕上げ磨きをしてあげることをお勧めしています。乳歯や生え立ての永久歯は歯がまだ弱くむし歯になりやすいので注意が必要です。

「(歯磨きを)やったよ!」と言っても実際はさぼっていることがありますから、歯磨きをしているかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

歯科医院の受診は1歳半から

「何歳くらいから歯医者に通えばいいの?」と疑問に思われる方もいらっしゃいますが、当院では1歳半からとお伝えしています。乳歯がある程度生え揃うのがこの時期なのです。

クリニックブログ 日本訪問歯科協会